スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【弥生賞2017他】今週の重賞考察・その2

こんにちはisorokuです!!



昨日に続き本日も今週の重賞考察をしていきたいと思います。


今年の牡馬クラシック戦線は未だ勢力図が定まらず混沌としてます。


順調ならばレイデオロが抜けた存在かと思うが中間ソエの症状が思わしくなく皐月賞へ直行するらしいし、スワーヴリチャードブレスジャーニーあたりも皐月賞で勝つイメージが沸かないというのが個人的な見解です。

スワーヴリチャードブレスジャーニーはダービーでは面白いかとは思いますが・・・


昨今皐月賞に勝ち馬を出せなくなった弥生賞

昨年よりもメンバー的に劣る今年は1頭ぐらいは伏兵馬がくい込めるチャンスもあるのではないかと出走馬1頭1頭馬柱でレースを検証した中で1頭面白い馬を見つけました。


その馬はベストアプローチです。


まず藤原英厩舎であるところに目がいき、全レースの動画を見た中で、京都2歳Sではカデナに負けてはいるが直線で前が塞がり一度ブレーキをかるという不利がありながらの3着。
不利も無く1頭だけ外をスイスイ走ったカデナとは人気ほど差はないのではないかと。

半兄もGⅠ2勝で、父も怪物フランケルと同じガリレオ産駒で血統も魅力です。

また、左回りでワンターンの東京よりもコーナー4つで右回りの中山の方が向いてると思うし、藤原英厩舎の目標レースへの叩き台レースでの着順は全く気にしなくてもいいことからこの馬が穴馬として面白いと判断しました。



一方土曜日阪神で行なわれるチューリップ賞はといえば、こちらは混沌とする牡馬たちとは違い、今のところ3歳牝馬の勢力図は固まりつつあり、現状ではソウルスターリングリスグラシューアドマイヤミヤビの3頭が抜けてます。

桜花賞トライアルのチューリップ賞ソウルスターリングリスグラシューの争いに良血ミリッサがどこまでくい込めるかのレースではないでしょうか。

ここは深く考えず上記3頭でいいような気がします。






ではまた明日。






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

プロフィール

isoroku14

Author:isoroku14
競馬歴31年、購入馬券はWIN5と重賞のみ!!
それに拘るがゆえ、当たる確立の高い私なりの術を確立しました。
ぜひこのブログを見てくださってる皆様の馬券ライフの参考になればと思ってます。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。