スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【マイラーズカップ2017最終予想】フィエロが初重賞Vを飾る!!

FRMC.jpg

マイラーズカップ2017最終予想です。


本命は フィエロ

■この馬の京都マイルの実績に加え、京都マイル得意な厩舎と騎手ならば狙わない手はない。重賞を勝つならここがラストチャンスとも思われメイチの仕上げでくるだろう。


2番手に イスラボニータ

■戦ってきた相手やマイルでの戦歴を見ればこのメンバーでは一番の存在。調教からも調子の良さが伝わることからまず崩れることはないだろう。


3番手に エアスピネル

■4歳馬ではマイルに限ればこの馬が1番だろう。前走の3着はペースが全てで度外視でき、今回はその時の1着2着馬との斤量差も同じとなれば着順は上にくるだろう。



以下は印の通りです。

◎フィエロ
○イスラボニータ
▲エアスピネル
★クルーガー
△サンライズメジャー
△ブラックスピネル
△ダッシングブレイズ
△プロディガルサン
△ヤングマンパワー







#マイラーズカップ2017最終予想
このエントリーをはてなブックマークに追加

【福島牝馬ステークス2017最終予想】クインズミラーグロの初重賞Vに期待!!

QMG.jpg

こんにちはisorokuです!!


福島牝馬ステークス2017最終予想です。


本命は クインズミラーグロ

■今の充実ぶりに加えて武豊騎手への乗り替わりからも勝負気配が感じられ、先行してレースを運ぶことができればまず勝ち負けになるだろう。


2番手には フロンテアクイーン

■どちらかと言えば東京向きだとは思うが、中山での走りを見る限り小回りも問題ないだろう。前走は着順ほど負けてはおらず、うまく立ち回ることができれば巻き返せるだろう。また3歳時には重賞でも好走しており、このメンバーでも上位争いは可能と判断しました。


3番手に ウキヨノカゼ

■前走で距離にも目どがつき、小回りの福島も札幌や函館を得意とする本馬はむしろ歓迎の口ではないか。しまいの脚は確実なことから展開次第ではまとめて負かすこともあるだろう。



以下は印の通りです。

◎クインズミラーグロ
○フロンテアクイーン
▲ウキヨノカゼ
★ブリガアルタ
△ペイシャフェリス
△エテルナミノル
△ウインファビラス
△ハピネスダンサー
△クロコスミア
△ギモーヴ
×デンコウアンジュ
×ロッカフラベイビー
×リーサルウェポン



荒れるレースなので手広く






#福島牝馬ステークス2017最終予想このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週の重賞追い切り診断】調教からみるイチオシ馬

CGT.png

こんにちはisorokuです!!


今週組まれてる重賞の調教からの推奨馬をお伝えします。


【フローラステークス2017】

キャナルストリート  叩き効果に加え鞍上強化と距離延長はプラス。

ザクイーン  前走休み明け2戦目で馬が一変。中間も好時計。シャケトラの妹であることからも走ってきそう。

ヤマカツグレース  前走距離伸びて真価を発揮。中間もしっかりした脚捌きで好調教。



【マイラーズカップ2017】

クルーガー  中間好時計連発。最終追い切りも活気が伝わる好内容。休み明けでも侮れない。

イスラボニータ  この馬の好調時に見られる前脚を真っ直ぐ前へ突き出すストライドの大きい走り。絶好調。



【福島牝馬ステークス2017】

ブリガアルタ  オープン馬と見間違えるぐらいしっかりとした力強い走りからも好走必至。






以上が調教からみた今週末激アツの推奨馬です。








#重賞追い切り診断このエントリーをはてなブックマークに追加

【マイラーズカップ2017予想考察】フィエロが悲願の初重賞制覇を飾る!!

IB.jpg

こんにちはisorokuです!!


マイラーズカップ2017予想考察です。


今回このレースで狙ってみたい馬が2頭いる。


フィエロイスラボニータである。


特にフィエロを強く推したい。


マイルCSで鼻差2着はあるものの重賞には手が届かず善戦マンのイメージがあるが、今回は厩舎も勝負をかけてくるのではないかと。

その理由の一つが福永騎手への乗り替わり。

福永騎手とは相性も良く、国内の芝のマイルでは(2.1.0)で連対率100%。

他では前走の高松宮記念での馬の作りが若干太目に映り、今回はアバラが浮き出るほどで究極の仕上げに映る。


FRZ.jpg
FRG.jpg
上が前走時で下が今回

8歳で後がない本馬や陣営にとっては是が非でも重賞を取りたいはずである。


机上の計算ではあるが京都金杯でのエアスピネルやブラックスピネルとの斤量差で0.1秒差なら今回の斤量ならば逆転が成り立つ。


福永騎手が初重賞へ導いてくれると信じたい。




もう1頭狙ってみたいのはイスラボニータだ。


4歳馬に注目がそそがれがちだが、戦ってきた相手関係や実績からも地力は一枚上であるのは間違いない。

ルメール騎手との相性も良く、マイルでは折り合いを欠いた安田記念以外は崩れておらず、3連系の軸にはもってこいの馬でもある。




今年のマイラーズカップは前述した2頭からの馬券で勝負したいと考えている。










#マイラーズカップ2017予想このエントリーをはてなブックマークに追加

【福島牝馬ステークス2017予想考察】クインズミラーグロの初重賞Vに期待!!

FHS.jpg

こんにちはisorokuです!!



荒れるレースとして定着している福島牝馬ステークスGⅢ



そんな荒れるレースにも関わらず人気の一角クインズミラーグロに期待している。

今まさに充実期を迎え鞍上に武豊騎手を配したことからも勝負気配が感じられる。



軸は素直にこの馬として、相手にはフロンテアクイーンを挙げたい。

前走は展開が向かなかったと割り切ることができ、3歳時は重賞でも好勝負していたことからも能力はここでも足りるだろう。

小回りに若干不安はあるが、前走を見る限り何とかこなしてくれるだろう。



その他では1000万条件を勝ち上がったばかりだがブリガアルタを狙ってみたい。

まだ底を見せておらず、伸びしろが期待できる4歳馬であることに加え、福島は2戦2勝と相性も良く、また母のブリガドーンも同様に福島は2戦2勝だった。

母子ともに福島芝コースで勝率100%ならば頭も考えておく馬券の買い方をしたい。



あとは、末脚確かなウキヨノカゼにも注目している。











#福島牝馬ステークス2017予想このエントリーをはてなブックマークに追加

【フローラステークス2017予想考察】フローレスマジックが能力の違いを見せつける!!

FMR.jpg

こんにちはisorokuです!!



予想考察に入る前に皐月賞の結果から。


2週連続で当ブログ推奨馬が波乱を演出したものの懐は温まらず・・・

桜花賞は8番人気レーヌミノル

皐月賞は12番人気ダンビュライト



終わったから言うわけではないが、上位に印をまわした馬の中で不安がなかったのがダンビュライトだけで、他はどの馬も直前まで不安がつきまとい、その不安は見事的中。


長く競馬をやっていて、このような時は無理に券種を増やさずカチンときた馬だけの券種を厚めに買えばいい事を何度も学習しているのにGⅠという独自の雰囲気に吞まれ冷静さを失ったことが悔やまれる。


今週は馬券の買い方だけは注意して挑みたい。




その今週の重賞フローラルS


このレースは以前から私個人が今年の牝馬クラシック戦線で最も高く評価しているフローレスマジックが出走予定。


前走のクイーンCは休み明けのうえ18㌔増の馬体重が響き3着。


当ブログでも本命に挙げていたが仕方ない結果でもあった。


それでも3着に粘るあたりにこの馬の能力の高さを感じる。


この中間は陣営からのトーンは上がってはこず、マイルしか経験のない本馬ではあるが、馬体も絞れており、ここは高い潜在能力でカバーできるとみる。

FMZ.jpg
FMG.jpg
上が前走時下が今回




今週はこの馬からの券種で損をしないようにしたい。







#フローラステークス2017予想このエントリーをはてなブックマークに追加

【3月16日WIN5予想】

W5

こんにちはisorokuです!!


明日3月16日WIN5の予想です。


【1レース目 阪神10R 陽春ステークス】

サイタスリーレッド
オウケンビリーヴ
プレシャスエース



【2レース目 中山10R 春雷ステークス】

コスモドーム


【3レース目 福島11R 福島民報杯】

ステイインシアトル


【4レース目 阪神11R 難波ステークス】

ハナズレジェンド
ポルトドートウイユ



【5レース目 中山11R 皐月賞GⅠ】

レイデオロ
ファンディーナ





今週は少なめ12点で勝負!!
自信度★★☆☆☆








#WIN5予想
このエントリーをはてなブックマークに追加

【アンタレスステークス2017最終予想】モンドクラッセにチャンス到来!!

MCH.png

アンタレスステークス2017最終予想です。



本命は モンドクラッセ

■この馬を語るには函館の未勝利戦で2着の馬に2.3秒の大差をつけて勝ったレースだろう。
その時跨っていたのが今回久々にこの馬の手綱を握る岩田騎手だ。

前走では58㌔を背負い同斤のピオネロを負かしたのだから価値がある。
そのピオネロは名古屋大賞典で2着。同レース4着のモルトベーネには1秒差をつけている。

また本馬はダート右回りの成績が勝率63.6%に対し、左回りは0%
複勝率は右回り72.7%、左回りは33.3%と圧倒的に右回りが得意。

例年前へ行った馬が残るレースでもあることから地力強化された今回はスタートからハナを主張しそのまま逃げ切り濃厚と見ました。



対抗には グレンツェント

■本命はこの馬でも良かったのだが、どうしても斤量が気になり対抗とした。

内寄りの枠なのでルメール騎手がうまく前を捌けたら逆転もあるのではないか。



3番手に ショウナンアポロン

■東海ステークスを物差しにしたら十分このメンバーでも勝負になるのではないか。

前走のマーチSでも具合は良かったのだがスタートで尋常じゃないほどの大出遅れ。
ただ上がりはメンバー中最速であったことからも悔やまれるレースでもあった。

今回も中間の気配も良く、自分の形にさえ持ち込むことができれば人気はないが一発があっても不思議ではない。

ただ同型のモンドクラッセもハナを主張してくるだろうからそのへんがどうか。





以下は印の通りです。

◎モンドクラッセ
○グレンツェント
▲ショウナンアポロン
★モルトベーネ
△アスカノロマン
△ミツバ
△ロンドンタウン
△タムロミラクル
△ナムラアラシ
×ピットボス
×リーゼントロック
×マイネルクロップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【皐月賞2017最終予想】レイデオロが突き抜ける!!

ROR.jpg

こんにちはisorokuです!!



皐月賞2017最終予想です。



本命は レイデオロ

■初志貫徹、この馬を本命にしました。3ヶ月半の休み明けを不安視する声が聞こえてはくるが果たしてそこまで問題なのか。

日数だと111日、共同通信杯からだと62日。共同通信杯とはたかだか49日の違いだ。

以前は主要トライアルレース(弥生賞・スプリングS)を使った馬が皐月賞を制する事が多かったが、近5年で見てみると共同通信杯から臨んだ馬が4勝している。

共同通信杯から皐月賞までは約2ヶ月。短期放牧が可能で、よりリフレッシュな状態で本番に挑める。


レイデオロに至っては今回のローテーションは規定路線で、皐月賞を勝つために組まれたものだと思っている。

そうでなければどちらかといえば中山よりは東京を好む藤沢調教師が2度も中山を選択するだろうか。それも皐月賞と同じ2000㍍をだ。

会見では藤沢調教師とルメール騎手がダービーへの叩き台とも匂わせるような発言で煙を巻いてはいるが、それが本当なら2戦目に東スポ杯を選択したはずだ。


話は変わるが本馬の祖母であるレディブロンドは本馬と同じ藤沢厩舎で初出走が1000万下のレース。それすら驚いたが見事勝利を飾り2度驚いたことを思い出す。そこから破竹の5連勝で初めて臨んだ重賞がGⅠのスプリンターS。
そこでも勝ち馬のデュランダルからコンマ2秒差の4着と健闘したがそれを最後に繁殖に上がった馬だ。

ディープインパクトやブラックタイドがいる牝系からも本馬が皐月賞馬となる資格は十分だ。

調教動画の動きを見て走れる状態であることを確認したことで迷いも吹っ切れ、この馬で勝負したい。




対抗には カデナ

■これまで速い流れのレースを経験してないとはいえ5戦全て上がり1位は能力の証。

大舞台に強いディープインパクト産駒。

恐らく1番人気ではないだろうが、2,3番人気が予想され、2,3番人気ならば福永騎手は信頼できる。

このレースも堅実な末脚で上位に食い込んでくるとみている。




3番手に ダンビュライト

■週中の当ブログでもこの馬については触れたので多くは語らないが、心配なのは当日のイレコミだけ。

落ち着いてさえいれば馬券圏内は堅いと思っている。

前走と馬体を比較して今回はよりトモと肩に筋肉がつき、全体の張りも増したことから前進は間違いないと思われる。

DR3T.jpg
DR4.jpg
上が前走時で下が今回




以下は印の通りです。

◎レイデオロ
○カデナ
▲ダンビュライト
★ファンディーナ
△スワーヴリチャード
△ウインブライト
△アウトライアーズ
×プラチナヴォイス
×キングズラッシュ









#皐月賞2017予想



このエントリーをはてなブックマークに追加

【皐月賞2017予想考察3】馬体回復ウインブライトにも注目!!

こんにちはisorokuです!!


本来であれば木曜日は追い切り診断の日なんですが、レイデオロとサトノアレスの調教動画がまだ見られないため今日は1頭の馬に注目してみました。


タイトルでお分かりのとおりウインブライトです。


なぜ注目したかといえば、一つにG誌のフォトパドックを見てなんです。


正直前走時のフォトパドックを見て良い印象は持てず、レース当日もマイナス12㌔での出走だったので勝ち負けは正直厳しいと思っていたのにあの勝ちっぷり。


今回のフォトパドックは馬体をふっくらと見せ、張りもあり、全体のシルエットも前走時と比べて明らかに良化していることからも今回は更なる前進が見込めることからも注目してみました。


前走時の馬体減はクラブ側によるとわずかながら体内に寄生虫が確認されたとのこと。

それが馬体減のすべての要因ではないにせよ駆虫薬を与えたことにより回復がみられたのかもしれません。


WBM.jpg
WBG.jpg
上が前走時で下が今回



加えて調教の動きも目立っており、今回は押さえなくてはならない1頭だと思います。





#皐月賞 予想考察









このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

isoroku14

Author:isoroku14
競馬歴31年、購入馬券はWIN5と重賞のみ!!
それに拘るがゆえ、当たる確立の高い私なりの術を確立しました。
ぜひこのブログを見てくださってる皆様の馬券ライフの参考になればと思ってます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。