スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【日本ダービー2017予想考察3】伏兵トラストの大逃げはあるのか!!

DBK.jpg

こんにちはisorokuです!!



今週はダービーウィークのため本日も予想考察していきたいと思います。



タイトルにも載せましたがトラストは周りが言うように賞金があるためにただ使うだけの馬と思っていていいのでしょうか。

TRSTD.jpg

馬主の岡田繁幸氏(マイネル軍団総帥)のダービーにかける思いは並々ならぬものがあり、周囲がとやかく言おうが出走権がある馬はこれまでも頑として使ってきました。


しかし未だダービーには手が届かず苦渋を味わってきました。



思い起こせば当ブログでも何度か書かせてもらってますが、私が初めて馬券を買ったのが1986年のダイナガリバーが勝った日本ダービー。


その時の2着馬が岡田繁幸総帥所有(正しくはラフィアン)の伏兵グランパズドリームでした。



23頭立ての14番人気と人気もなく、ましてや最後の直線で内からスルスルと上がってきたことから実況アナウンサーに馬名を一度も叫んでもらえずゴールしたのを覚えてます。


その悔しさからダービーにかける今日までの強い思いがあるのではないでしょうか。



今年は人気薄ながらも岡田繁幸総帥絡みの馬が3頭出走します。



その中で岡田繁幸氏個人名で登録しているのがトラストです。



昨年の札幌2歳ステークスを鮮やかな逃げ切りで勝利し、早々とダービー出走を賞金的にまず間違いないものとさせたのですが、その後地方所属から中央の栗東中村均厩舎に転厩。


転厩後はなぜか一度も逃げることはしなく、いつも善戦はするものの馬券には絡めず。



それが全てダービーへ向けたフリだとしたらダービーに向けて逃げを温存していたのでは?

幸い人気もなくましてや有力馬たちのほとんどが差し馬で尚且つ混戦であれば少なからず牽制しあうはず。


ならば一世一代の大逃げを打ち、セイフティーリードを持って直線に向き有力馬たちが牽制し合ってる間にゴールを切れやしないものでしょうか。






今年のダービーは本線の馬券の他にトラストの単勝も買ってテレビ観戦し、願わくば岡田繁幸総帥の号泣も見てみたいものですね。









#日本ダービー2017予想考察




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

プロフィール

isoroku14

Author:isoroku14
競馬歴31年、購入馬券はWIN5と重賞のみ!!
それに拘るがゆえ、当たる確立の高い私なりの術を確立しました。
ぜひこのブログを見てくださってる皆様の馬券ライフの参考になればと思ってます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。