スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【天皇賞(春)2017予想考察3】ステイゴールド産駒と蛯名騎手

T2K.jpg

こんにちはisorokuです!!


2強対決で盛り上がる今年の天皇賞(春)





しかしそこは冷静に違う観点からも探ってみたい。



タイトルにもあるように直近4年でみると、ステイゴールド産駒が3勝、蛯名騎手が2勝3着1回と際立つ活躍を見せています。



やはり長距離レースは特殊で、騎手や産駒の得手不得手が顕著に現れるものでもあります。



長距離得意な種牡馬といえばステイゴールドやハーツクライ。


騎手では武豊騎手、蛯名騎手、横山騎手あたりでしょうか。



その中で本日は蛯名騎手騎乗のディーマジェスティとステイゴールド産駒のレインボーラインに注目してみました。


前者は月曜日の予想考察でも触れたとおり、暮れの有馬記念をパスし休養にあて、ひと叩きされリフレッシュ効果が功を奏したのかここにきて本来の動きが出てきたようにも思えます。


昨年の皐月賞をコースレコードにコンマ1秒に迫る速いタイムで圧勝したのだからその反動も今となっては頷けます。


ダービーもその反動からか伸びきれず3着に敗れ、その疲れが抜け切れぬまま秋を迎えた為のあの敗戦だったのならば、疲れが抜けた今回は一考の余地もあるのではないでしょうか。


腹袋がぽってりした体型の本馬は長距離に不向きな体型にも見えるが、おそらくあの体型は母父ブライアンズタイムから受けたもので、同産駒は総じて腹袋のぽってりした子が多く、天皇賞(春)を制したマヤノトップガンもそんな体型だったのを思い出します。

BTM.jpg
MTG.jpg
上がブライアンズタイムで下がマヤノトップガン



そんなディーマジェスティの鞍上が蛯名騎手であれば復活も期待できるのではないでしょうか。





次に、ステイゴールド産駒のレインボーライン


父も4歳時(旧5歳)に日経賞4着から天皇賞(春)を人気薄で2着。私自身この時の馬連を取ったので鮮明に覚えています。


父同様小柄な馬だが、いつも一生懸命走る姿は父を彷彿させ、走りも似ていることからも、この距離でステイヤーの血が開花しても不思議ではないでしょう。


鞍上デムーロもGⅠでは心強いです。





今年の天皇賞(春)は前述した2頭とキタサンブラックを含めた3頭の馬券を中心に考えています。









天皇賞(春)2017 予想考察




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

isoroku14

Author:isoroku14
競馬歴31年、購入馬券はWIN5と重賞のみ!!
それに拘るがゆえ、当たる確立の高い私なりの術を確立しました。
ぜひこのブログを見てくださってる皆様の馬券ライフの参考になればと思ってます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。