スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【京都牝馬ステークス2017】最終追い切り診断

最終追い切りの動画を見て動きが圧巻だったのはナックビーナスレッツゴードンキですね。

特にナックビーナスの動きが秀逸で、少し仕掛けられると一瞬で併せた相手を突き放す内容はここにきての本格化を覗わせる追い切りでした。

レッツゴードンキも唸るように坂路を駆け上がりラスト2ハロンを24秒を切るタイムですから絶好調ですね。

アットザシーサイドも先週しっかり負荷をかけてることから直前は浅見厩舎流の軽めの追い切りでしたが、素軽くバネのある動きで良く見えました。


上記3頭で仕方ない気もしますが、そこは牝馬のレースゆえ何が起こるかわかりません。


他では実績馬のアルビアーノも休み明けとしては仕上がりの良さを覗わせる動きで侮れないです。

穴っぽいところではウインファビラスベルルミエールの動きも良く見えましたね。


その他にも動きが良く取り上げたい馬もあと何頭かいますが、そこは最終予想でお伝えします。



明日は土曜日の重賞の最終予想をUPします。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

isoroku14

Author:isoroku14
競馬歴31年、購入馬券はWIN5と重賞のみ!!
それに拘るがゆえ、当たる確立の高い私なりの術を確立しました。
ぜひこのブログを見てくださってる皆様の馬券ライフの参考になればと思ってます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。